前職のクレームは出さないで

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前もしくは今の会社を辞める理由は我慢をする要素が大きいです。それが継続的に働くことができるかどうかに結びつくのです。また、今後、一緒に仕事をするかもしれないことを考えますと、どうしてもクレームを出すということで仕事が制限されてしまい、自身の将来にも影響が出てしまいかねません。

だから、転職が難しいといえる1つの要因なのではないでしょうか。もちろん、実際にはクレームを言いたいところはあると思います。しかしながら、文句を言っていても漸進的な意見を言えるとは思ってもらえません。

また、前職のクレームは我慢ができないことを言っていることになりますので、働いてもらったとしても、今後は前向きになるとは考えてもらえません。

ただし、前職で失敗したことで自身が得た教訓と克服に向けて、どのような部分を意識して行動しているかを説明する分にはマイナスとはなりませんので、そちらを自分で考えながら、自身が抱える課題を1度認識していただくことが必要になるといえます。それが転職での1つの意義となるのではないでしょうか。

特に退職理由はついつい悪いことを言ってしまいそうになるのですが、それは自身が我慢をして言わないことが好結果を生みだします。そのためには、応募することとは並行して面接の際に説明できるように文章としてしたためておくことがとても有効ではないかと思います。いかに前向きなコメントができるかが転職成功への重要なカギといえるでしょう。

ページの先頭へ