転職サイト運営の仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職サイトはネット上に多くのサイトが立ち上がっています。仕事を探している人にとっては非常にありがたいことこの上ないのですが、転職サイトはボランティアで運営されているのかというと決してそんなことはありません。ちゃんと営利目的として運営をされているのです。転職サイトの利用者はお金を支払うということは一切ありません。無料で全てのツールを利用でき仕事への応募もできる。そんな仕組みが整っています。収入を得ているのは掲載をしている企業側から得ているということになるのです。

ひとつは求人情報をサイト内に掲載するということで掲載料としてサイト運営者側は企業からお金を受け取るという方法があります。

もう一つはサイト内に求人案件を載せる以外にサイト経由で人材を確保することができたら報酬をサイト運営者側に企業が支払うという方法があります。いわば成功報酬ということになり採用が決まらないと一切お金が入ってこないということになります。そのため採用が決まった場合には結構な高額の報酬を支払う契約になっている場合が多いようです。成功報酬設定をしているサイトは求人応募者個人別にコーディネーターを付けているというパターンの転職サイトがほとんどです。コーディネーターとしても自分の生活もかかってくるので、より親身になって仕事を探してくる人たちに寄り添ってくれるわけです。このように転職サイトは求人をしている企業からの収入で成り立っているのです。

ページの先頭へ