ただ何度もできるわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職はあまり多くできるものではありません。もちろん、何回以上したら働けないという制度があるわけではありませんが、日本の企業、海外企業の日本法人でも回数をよく見られているらしいです。回数が多いと次を探すのに時間がかかってしまい、大手では採用してもらえず、中小でも採ってくれるような企業は少なくなり、知名度の少ない企業でしか働くことができなくなってしまうことになります。

場合によっては、社員としてではなく、フリーランスという形でしか、契約でしか仕事が得られないことになります。転職によって、天職を得て成功してもらいたいわけですが、簡単に会社を辞めてしまっていたら、経験も中途半端なものしか残らず、結果を出すことのできない人間になってしまいます。

そして、結果を出せるような人間になるためには、転職を繰り返すのではなく、もうこれで最後だという強い気持ちで新しい職場での活躍を目指してください。やりたいこととして決めたわけですから、多少は嫌なことがあるのは仕方のないことです。向上心を持って、数少ないチャンスをものにして、自身の成長に結びつけていただきたいと思います。

ただ、ここで気を付けなければならないことは、失敗しないために数多くの情報を集めてしっかりとした企業を選んで応募していなければなりません。しっかりとした企業を選ぶことが安心につながり、継続して働くことができるのではないでしょうか。

ページの先頭へ